しあわせ情報発信パーク Ikeda Kouondo株式会社 イケダ光音堂- しあわせ情報発信パーク -

福祉サービスWelfare Services

共同生活援助グループホーム・カノン

共同生活援助
グループホームGroup Home

共同生活援助(グループホーム)とは?

障害者総合支援法が定める障害者福祉サービスのひとつで、障がいのある方が日常生活や社会生活上の支援を受けながら共同生活を送るものです。就労先又は日中活動サービス等との連絡調整や余暇活動等の援助を行います。

グループホーム・カノンの想い

「自分らしく町で暮らし続けたい」という思いを実現するだけでなく、
地域生活において多岐にわたる生活スタイルや個々のニーズに応える支援を行うことができる事業所を目指します。

施設説明

施設名
グループホーム・カノン ※アパートタイプ
所在地
滋賀県長浜市
対象者
障がいの種別問わず必要な方へ相談の上、提供します。
利用料金
利用料 部屋家賃代 35,000円
(自治体より10,000円の家賃補助が受けられます)
共益費 2,250円(町会費/ごみ処理代/火災保険料)
水道代 2,750円(固定)
食料材費 実費
電気代・ガス代 部屋ごとに実費
※希望者へ食事提供致します。昼食の提供は土日のみです。
※各個人のお部屋で使用する日用品は個人実費です。

ご利用までの流れ

  • 1
    見学・説明

    ご本人様、ご家族様に見学していただき、施設概要を弊社より説明致します。

  • 2
    利用希望に関する連絡

    ご利用希望の旨をご本人様またはご家族様、または担当相談員様(いらっしゃらない方は福祉課担当者様)より弊社へご連絡いただきます。

  • 3
    利用に向けた話し合い

    グループホーム・カノンのサービス管理責任者より利用希望の理由や現在の状況等を簡単に聞き取りさせいていただき、利用に向けた話し合いを本人やご家族、支援者と開始します。(必要な場合は関係機関にお集まりいただき、ケース会議を行います。)

  • 4
    区分認定の手続き

    区分認定が無い方は区分認定をお住まいの市町担当課お伝えいただき、手続きをしていただきます。

  • 5
    体験利用(3日〜14日程度)

    区分認定、サービス受給者証の発行後、体験利用となります。
    ※日数は相談の上決定します。

  • 6
    利用契約・引っ越し

    体験利用後、希望される場合は利用契約となり引越し日を決めます。
    ※体験利用後、帰宅せずにそのまま利用も可能です。

  • 状況等により、体験利用をせずに利用契約をすることも可能です。
  • 体験利用においても、体験利用のための個別支援計画書をグループホーム・カノンより作成させていただきます。
  • ケース会議を行う際の場所は、サービス管理責任者の日中勤務場所もしくはイケダ光音堂本社となります。

instgramInstagram